授業形態

NextPhaseの授業形態

指導方針は「自発促進型学習」を掲げております。

「自ら学び、考え、責任を持って行動することを促す」という意味合いで、お子様が能動的な姿勢を築いていけるよう、当塾でサポートさせて頂きます。

 

「先生1名:生徒さん2名まで」の、個別(=「子別」)指導

⇒最もバランスが取れた比率で、基本となる授業形態です!


「生徒さん最大5名まで」の、小集団指導(※こちらは中学生限定です)

⇒定期テスト前の駆け込み対策、ピンポイントフォローなどに有効です!


土曜日(※隔週)に実施の、特別講座指導

⇒参加は強制ではなく任意で、ご興味あるコンテンツへの申込みとなります!


夏休み、冬休みなどの期別講習授業

⇒塾名の通り、「お子様別」のプランをもとに、地力の向上に努めます!

先生1名:生徒さん2名までの、個別指導

巷の個別指導塾では、先生と生徒さんの比率が1:1や、1:3or4等のケースもございます。しかし私は、1:2こそが、最もバランスの整っている個別指導比率だと考えています。

1:1は家庭教師と同様で、「先生が教えすぎ」・「生徒さんは教わりすぎ」というジレンマに陥りやすいです。逆に1:3or4等では、1人あたりの生徒さんを見る時間が短くなるため、授業の質が低下する危険があります。

1:2では、生徒さんから近況をヒアリングする時間、ポイントを絞ったレクチャーの時間、集中して演習に取り組む時間など、メリハリある授業が可能となりますので、密度の濃い時間がご提供できます。


生徒さん5名までの、小集団指導

上限を最大5名までとすることで、普段生徒さんが通っている学校での集団授業と、個別指導の間を取ったような、新鮮な形での授業が可能です。またこちらは単発でのご受講となるため、テスト前の駆け込み対策やピンポイントフォローなどに実用的です。

指導内容や科目、使用教材の観点などから中学生限定のサービスとなりますが、人数や等級を構成的にすることで、普段の学校や個別指導時とはまた違った、程よい緊張感の中で、鍛えることが可能です。


特別講座指導

土曜日(※隔週)に実施の、特別コースとなります。

「NextPhaseについて」の特徴2:に挙げているコンテンツなど、毎回様々なテーマをご用意する予定ですが、もちろんご参加は、塾内生にとって強制ではありません。

生徒さんや保護者様がご興味あるものにだけお申込みいただき、ご参加下さい。「自分から見たい、聞きたい、学びたいものに参加する」という能動的姿勢を養えるよう、意図的にこのような体制としております

特別講座の内容は、教室内にも掲示します。詳細につきましては、教室長までお気軽にお問合せ下さい!


期別講習指導

生徒さんの夏休み期間、冬休み期間における講習授業です。いわゆる、夏期講習・冬期講習のような形です。

当塾の名前の通り、「お子様別のプラン」をお子様・保護者様と3者で作戦会議を立て、それを軸に「地力」の向上に努めて参ります!

当塾では朝早くから夜遅くまで、缶詰状態で勉強することは推奨しません。(※そもそも缶詰状態は、教室長が好みません)そのため1日中塾を開けていることは、ありません。

限られた時間の中で、どのように効率的に課題に取り組めばよいか?そうした点に思いを巡らせ、工夫して主体的に取り組むことこそ、講習時期の価値だと思いませんか。

また使用教材については、「主教材」「副教材」のみで行い、余分な教材は採用しておりません。
教室長の長年の経験から、使用する教材は限定・選抜しております!

タイトルとURLをコピーしました